日給とは、時間に限りがないと言うのではなく、もともと決められた時間でその日の給料が決まると言うことです。

求人票を見ると日給という賃金形態があります
求人票を見ると日給という賃金形態があります

日給と時間給との違いは何か

日給とは、時間に限りがないと言うのではなく、もともと決められた時間でその日の給料が決まると言うことです。大概は、バイトとなると、引っ越し等の移動時間含めて何も働かない時間が多い仕事で使われていることが多いです。

では、時間給と比べての利点は何でしょうかと言うと、その日働くとこの給料は保証されてますと言うことです。この金額をこの期間で稼ぎたいと言う人にとっては計算もしやすく、働いた分もらえると言うことが分かるので計画も立てやすいでしょう。時間給となってしまうと、もともと働く時間が決まって入っていてもその時の状況によってもう帰ってもよいと言われてしまい、決まった金額を稼ぐことが出来なくなってしまうことも出てきてしまいます。

そんな中で日給の方が良いと思ってしまうこともあるかもしれませんが、日給で残業代がでないと言う時には、ある意味損をしてしまうケースも出てきてしまうと言うことです。決められた金額しかでなくてその時間内に終わらなければ続けてやらないといけないと言うことになると、時間給で働いていたら残業代としてもしくは、同じ時給として時間で換算してもらえると言うことがないと言うことです。そのように時間給と、日給では、それぞれで良し悪しがあるので仕事内容等をうまく見分けてやりましょう。

Copyright 2017 求人票を見ると日給という賃金形態があります All Rights Reserved.