求人情報をチェックしていると気になるのが給与の欄ではないでしょうか。

求人票を見ると日給という賃金形態があります
求人票を見ると日給という賃金形態があります

日給月給制の給与体系とは

求人情報をチェックしていると気になるのが給与の欄ではないでしょうか。賃金には様々な給与体系がありますが、その中でも日給月給制が気になる人も少なくないと思います。どのように給与が支払われるかよくわからないとか日給なのか月給なのかよくわからないという声も少なくありません。この支払い方法を良く知らないで入社してしまって、後々トラブルになることも起こるかもしれません。いったいどのような給与体系なのでしょうか。

この給与形態はあらかじめ定められた月額が決まっています。もし欠勤や遅刻や早退などが生じた場合、その時間分を月額給与から控除するという賃金形態のことを指します。これだと日給制とどう違うのと疑問に感じる場合もあるでしょう。こちらは働いた日数の分だけしか給与は支払われないので、月によって給与が変化する場合があります。一方で日給月給制では遅刻や早退や欠勤がなければ給与が減額されることはありません。また有給休暇を使えば、欠勤であっても給与が減額されることはありません。両者にはこのような違いがあります。簡単に言うと両者は働いた日数で給与が決まるか、休んだ分で給与が決まるかの違いといっても良いかもしれません。

Copyright 2017 求人票を見ると日給という賃金形態があります All Rights Reserved.