求人票を見ていると給料の欄に「月給制」とか「日給月給制」「日給制」など書かれてあることに気付きます。

求人票を見ると日給という賃金形態があります
求人票を見ると日給という賃金形態があります

日給制と日給月給制の違い

求人票を見ていると給料の欄に「月給制」とか「日給月給制」「日給制」など書かれてあることに気付きます。これは給料の計算の仕方の違いです。例えば月給制とは1月分の給料の額が固定されており、「月給制25万円」とあればその月の勤務日数に関わらず25万円が保障されます。同様に日給制とは1日当たりの給料額が固定されており日給×その月の勤務日数が1月分の給料となります。日給制では月によって稼働日が変われば給料も変動するため、生活の安定という面では圧倒的に月給制に人気があります。

では日給月給とはどういう計算なのでしょう。これは文字通り月給制と日給制の中間を採ったような制度で、例えば「日給月給25万円」とあればその月の稼働日数の関わらず25万円は保障されますが、欠勤があった場合にはその分を控除して支払うというのが日給月給制です。月給制だと計算は簡単ですが、欠勤されて働いてもらえなかった分まで給料を支払うことになります。日給制だと余分な給料を支払う必要は無くなりますが毎月の計算が面倒です。そこで間を採ったのが日給月給制で、中小企業で多く利用されています。日給制と混同されるケースが多いようですが、休まず働けば月給制と同じで毎月の給料が一定なので心配はありません。

Copyright 2017 求人票を見ると日給という賃金形態があります All Rights Reserved.